うつ症状をしっかり改善|精神科でしっかり観てもらうハート

メディカル

ストレスが引き金に

悩む男性

原因を分析

日本の現代病として急激に増えてきたうつですが、その数は日本だけでも100万人を超している状況です。特に、会社の中でうつを発症して休職している人が目立つようになり、昔と比べて珍しい病気ではなくなってきました。うつの原因はほとんどがストレスと言われており、ストレスが溜まることによって次第に症状が出てくるようになります。よく見られる症状には、ひどく悲観的な考えになり、責任がないことでも自分をどんどん追いつめていきます。それまで楽しんでいたこともできなくなり、無気力となって食欲が低下してしまうのも特徴的な症状です。ストレスが溜まるとどうしてこのような症状が出てしまうのかは、脳の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうからです。この神経伝達物質にも種類があり、それぞれに欲望や不安や楽観などを引き起こす働きを持っています。正常な場合は、このバランスが上手く保たれているため、健康的な気分で活動することができます。しかし、過度なストレスにより神経伝達物質の分泌量が乱れてしまうため、正常な働きができなくなってしまうのです。そのため、食欲や性欲も減退してしまい、明るい考え方ができなくなって強すぎる不安に悩まされてしまう症状が出てきてしまいます。うつは誰にでも起こりえるような病気ですが、特に真面目で責任感の強い人ほどなりやすい傾向が見られます。自分1人でものごとを背負ってしまう癖から、いつの間にかストレスを溜めこむことになってしまいます。うつになる人は心が弱い人と見られがちですが、必ずしもそうではないのが現実です。このようなうつの症状は、精神科や心療内科の専門病院で治療をしていくことができます。治療をすることで症状も治まるようになり、人によって時間がかかるかもしれませんが治療をしていないよりかはだいぶん楽です。専門病院でもその体制に力が入れられ、オープンな雰囲気で治療に取り組んでいる状況です。

深刻な事態を考えて

このうつの患者数は、世界的に見ていくと、その数は日本の人口の1億人を超しています。日本はその中では比較的低い患者数ですが、急激な増加数は他の国と比べても目立っています。特に、このうつが原因で自殺する人の数が多いのは、先進国の中でも問題視されるほど特徴的なのです。うつはその症状がひどくなってしまうと、生存している価値が見えなくなるという最悪な事態になってしまうことも多いです。そのため、症状に気づいたら専門の病院で治療をしていくことがとても大切です。自分1人で病気をコントロールしていくことは容易なことではないので、専門家に頼っていくことが最善策となります。うつの患者数の動向から、専門病院の数も増えてきました。主な治療は薬となりますが、それ以外のカウンセリングを行う機関も目立ってきています。会社でも職場の人の健康状態を守る産業医が活躍するようになり、メンタルな相談事も受け付けられています。こうした取り組みから、うつに苦しんでいる人の救いやその予防にも大きな効果となっているのです。日本ではうつの治療に対して消極的な人もまだ多いですが、海外の先進国ではメンタルな治療に関しては他の医療機関と同じようにオープンです。家族ぐるみで治療に向き合い、特にカウンセリングの充実さは進んでいます。日本でも積極的な治療への取り組みから、昔のような暗いイメージはなくなりつつあります。医療の進歩で完治する人も少なくない状況となり、昔とは別人のように明るくなった人もいるほどです。こうした取り組みから、患者数の多くが会社員または学生であることから、本業と上手く両立させながら治療に専念していく必要があります。病院はそういった状況から無理のない治療を進めていき、本人以外にも治療に対する前向きな考えを求めています。今後は今の体制以上に、もっといい治療や環境へと変わってくるようになるでしょう。