うつ症状をしっかり改善|精神科でしっかり観てもらうハート

先生

ストレスが引き金に

悩む男性

社会問題にまでなっているうつは、その増加数から身近に起こりえる病気となってきました。主な原因がストレスで、悲観的な考えや行動を起こしてしまう症状が出てきてしまいます。社会ではこのうつの抑制のためにも取り組みに力が入れられ、病院での治療や会社間での配慮もいい方向へ変わりつつあります。

詳細を確認する

どのような病気か

男性

うつ病というのは、内因性の精神の病気です。全てに関して悲観的に考えてしまうといった症状が特徴的となっています。また、心の他にも頭痛や便秘など、体にも症状があらわれることも少なくありません。治療は精神科や心療内科といった、心の専門医で行うのが一般的です。

詳細を確認する

第一に行うこと

笑顔

うつ病の症状は非常にいろいろあり、人によっても様々です。なので、まずは病院へ行くことをオススメします。そしてうつ病の方がいる家族の方や周りの方がきちんとサポートしてあげることが何よりも大切です。それによって完治のスピードも変わってきます。

詳細を確認する

見えない病気

お医者さん

少しずつ改善へ

うつ病の症状はこれといってはっきりとした分かりやすいものではなく、ある程度継続的にその人と接していなければ分からない程度の症状が多いため、一般的に分かりづらいものです。近年ではDSM-IVと呼ばれる診断基準が作られました。これにより一般の人にも症状の判断が比較的わかりやすく、精神病を判断しやすくなってきています。DSM-IVは「ディーエスエム・フォー」と呼ばれている精神病の判断基準として制定されている基準です。これはアメリカ精神医学会において制定されて一般的に認知されている基準であり、現在国内の精神科医などを含めた多くの医療従事者に診断基準としても参考のため活用されている基準です。いわば精神病であるかどうかを測るための計測器のような物です。うつ病の症状は目に見えないもので、また多くの症状は感覚的なものでもあるため分かりづらいのです。そうした中で、一般の人が家庭でも大まかな診断基準として判断するためにこのDSM-IVの活用を推奨している解説書も増えてきています。うつ病だとわからず生活が辛い状況が続いていてももっと頑張らなければと無理してしまったり、周囲の人に相談をしても「そんなの私の方がもっと大変だから」とか、「どうせ愚痴でしょう」などと軽く見られてしまうことも多いものです。そのため、生活が辛いと感じているのは自分だけなのかと錯覚してしまい、病気が悪化してしまってから医師に相談するといった人も少なくありません。辛いときには無理せず、機会を見てなるべく早いうちに医師に相談しましょう。心療内科などでは親身に相談に乗ってくれるでしょう。

頑張らなくても良い

うつ病を含めた、多くの精神病に罹ってしまう理由としては「真面目で責任感がある性格」があります。真面目な性格が仇となり、頑張りすぎてしまった結果うつ病になってしまう人も少なくありません。また、そうした真面目で頑張りすぎてしまう性格が症状を悪化させてしまうことさえあります。多くの精神病予防のためには適度な休養を取ることが重要であるとされています。これは休養を十分に取ることでストレスを発散させる効果がある事に加えて、心身共にリフレッシュした状態に改善する事が出来るためです。うつ病の症状として、睡眠時間が長くなりすぎてしまうといった症状もあるため、こうした身体的な不快な症状を防ぐためにも日頃からの適切な生活習慣を心掛ける事が大切です。適度な休養を多く取ることは精神病だけではなく、他の疾病の改善にも繋げることが出来る可能性もあります。健康的な身体を作るためには欠かせない要素であるとも言えるでしょう。無理せず休養を多く取り入れた生活習慣を作るように心掛け、仕事などでは自分は今頑張りすぎていないかどうか、定期的に生活習慣を振り返るよう工夫を心掛けて生活を送ることが大切です。ただ、もしうつ病の症状が辛いようなら医師の診断の元、本格的な精神病治療によって改善する事も可能です。うつ病の治療には、現在ではお薬を活用した治療法以外にも、カウンセリングを活用する精神療法などもあります。お薬を活用した治療法は、主に抗うつ薬を活用した精神病治療が行われるため、比較的短期間で病気に対して直接的な治療が行われる事が一般的であるとも言われます。お薬にもよりますが、うつ病の場合では3ヶ月程度で症状が改善してゆくこともあるとされています。辛いときには無理せず医師に相談をしましょう。